忍者ブログ

Tenohiraの電気式日記

*** 気が付いた事、出来事、調べた事を綴っています ***

カテゴリー「日記」の記事一覧

[PR]

×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

ブログを引っ越しました

ブログを引っ越しました。
新サイトはこちらです。

PR

そのまま行け!

どうすれば、やる気スイッチが入るのか。
息子にどうすればやる気が入るのか?
伝えるには恐らく言葉では無理なので行動しかないと思っていた、ここ数年。
感じて、気づいて、続けて、
この連鎖が継続すれば本物だ。
最近になってその傾向が伺える。
いいぞ、そのまま行け!
なんか、奥田民生の歌に近くなってきたな。

月極駐車場事情

小さい事だが、
駅の傍に月極駐車場を○○建設という所から借りているが、
数年前までは環境整備が行き届いていて、
雑草が伸びれば除草剤散布か刈られたり、
雪が降ればローダーで除雪をしてくれていたが、
ここ数年は除雪がされなくなり、雑草も伸び放題になっていた。

駐車場の隣に住んでいるおばあさんと時々話をするのだが、
数年前に除雪や雑草を刈っていた人が定年退職されたと聞かされ、
自分の中で合点がついた。

除雪は自分で何とかやっていたのだが、
去年の雪はかなり多目で、駐車場周囲に植えられている
庭木が雪で傾き、もともと狭い駐車場口を覆って入りにくくなっていた。
車を木で擦らなければ入れなかったので、○○建設に
除雪は自分がやるから庭木を切るか、庭木の雪を掃ってくれと頼んだら、
2、3日後に庭木の雪を掃い、ローダーで除雪もしてくれていた。
もしかしたら今後は除雪をやってくれるかもしれないが、
自分でやるスタンスでいようと思う。

雑草問題があり、あまりにも伸びすぎたので自分で草刈りをして
ついでに草むらに捨てられていたゴミを一か所にまとめて置いた。
さて、この草の山にいつ気づくかな?と思っていたら
1週間経った今日、庭木の業者が来ていた。
草は片づけられていなかったが、そのうち乾いたら片づけるだろう。

気が付いてみると、
いつもその駐車場を利用しているのは自分だけになってしまっている。
他の人はどこに停めるようにしたのかわからないが、
月日の経過を感じる。

5年でどうするか決める必要があるだろう

ここ数日の夜更かしがたたっているのか、今日はやけに
眠い。士気も低い。覇気も弱い。こういう日は本屋で立
ち読みか電気店をぶらぶらするに限る。今日は本屋で立
ち読みをした。1時間位、いろんなジャンルの活字に目
を通していると、楽しくなり、活気が戻ってくる。活気
が出てきたあたりで、ちょっと先の事を考えさせられる
本を読んでみる。いろいろ考えなければならない年代に
入っていると思うので、もしかしたら5年後に戦線離脱
になる事も想定して、第2の人生の準備も必要かと思う。
ちょっと考えをいろいろ巡らしてみる。一人ブレスト。

人間の大きな目標は種を繋ぐこと。そういう意味では果
たした。次の世代分の支援が必要か。最近は晩婚化が進
むが、いくら顔や肌が若くても実年齢はそう変えられな
いだろうから、20台半ばになったら、さっさと結婚して
子供を作り、体力があるうちに育児を終えるべし。息子
にはそう伝えた。それを実行するかは彼次第。3世代で
老いも若きもいっしょに生活して、人間とはそういう環
境で生きていくものだと伝えるべし。健全な精神は健全
な肉体に宿るとは良く言ったもので、体力が付いてくる
と豊かな思考で物事と対峙できるようになるのだと思う。
60歳で定年して、はいさようならとなるまで働けるのか、
会社が潰れて仕事が無くなり仕方なく職安めぐりしてい
るうちに60歳を向かえるのか、定年前に戦線離脱して別
の戦線に就くのか、それとも就けずに終わるのか、今の
所はまったくわからない。まだ見ぬ孫にお小遣いをあげ
たいので、どこかの戦線ですったもんだはしていたい。
今、何が流行で、何が廃れた結果なのかとか、自分が商
売をしているわけではないけれど今流行っていても、そ
れがずっと流行っているかはわからない。それが何時ま
で長続きするかもわからない。次、何が来るとか、その
兆しが見えるとか、そのあたりの感覚は常時気を配って
いないと分かりにくいと思う。でも結局は、当の本人が
これが長続きするとか、これが、こういうのが好き、と
言った気持ちがないとなにもならないと思う。しらずし
らずのうちに、そうなった、好きになった、という事も
あるかもしれないが、基本はこれが好き、だろう。その
時が来ればわかるとは思わない。

土地を守っていく以上、永久に今の土地から離れるつも
りは無いが、世の中どう変わってしまうかわからない。
国が無くなったり、環境汚染で仕方なく余所へ移り住む
事になるかもしれないし。地球があと2年とか20年と
かで人が住む限界になるという話もある。(本当かは不
明だが)おそらく、これからの5年でどうありたいかを
決めておくかどうかで、だいぶ生き方も変わると思う。
じゃぁどうすれば、どう決めればいいのかというのは今
は分からない。何かをしなければならないのは事実だ。
動けなくなった事を想定すれば、周りの人々とは仲良く
やって行く事にも力を注ぐのは間違いではない。仲良く
やっていくには、その人が何か1つは最上級のものをも
っている必要がある。そういう意識をもってさえいれば、
周りの人達ともうまくやっていける。そういう意識が無
いと、もう、こてんぱんにされる。田舎は怖い。

さて、何を5年で決めるか。さしあたり、ニュースの動
向を追いながら、自分の好きなものとオーバーラップさ
せる。それすら正しいとは思えないが、とりあえず何か
を調べたり動いたりする。

学費計算

今日は専門学校に通わせる為の
学費や生活費の計算をしてみた。
結構いい金額になるのは分かっていたので
予想をしていた額にはなる。
でも、学校は家から近いにこしたことはないと思う。
さて、節約しないと。

海水浴 2012 (秋田県:本庄マリーナ)


【写真:本庄マリーナ海水浴場 17:00頃】

今日は農作業後、
3年ぶり位に息子と海水浴に秋田・本庄マリーナへ出発。
出発が午後1時半だったので、107号線を行けば日が暮れてしまうので
とりあえず、横手まで秋田高速道路を使い、
そこから先は地道に107号をゆっくり行った。

道中、農作業の疲れが出て、うとうとしそうだったので、
息子のiPod Touch の中の音楽を聴きながら行った。

最近のお気に入りは何なのか息子に聞いてみると、
「マキシマム ザ ホルモン」みたいだ。
ボーカル3人で4人組みのようだが、メタルのような声で歌う。
息子に、こいつら血管切れまくってるんじゃないのか?
と冗談を言うのだけど、どうも真面目に切れていないとしか答えない。
つまらんが、好きなバンドを汚されたくない気持ちは分かる。
試に、TM NETWORK を好きなやつは友達にいるのか?と聞いてみると、
過去に聞いたらしく、誰も存在すらしらないとの事だった。
まぁ、そうだろうな。最近は新曲がチョロっと出るだけだし。

そんな訳で、メタル尽しの選曲のおかげで、
頭ズキズキ、いや、うとうとする事もなく現着した。
(久々に現着使ってみた。アマチュア無線用語で良く使っていた。)

本庄マリーナに着いて着替えたら午後3時50分。
そしたら場内アナウンスで、シャワーやロッカーは4時30分で締めますとの事。
混雑を想定して、4時15分まで泳ぐことにした。

遊泳区域がだいぶ狭く、足の付く所にブイが浮かべられている。
これではブイまで泳いで行く楽しみが無いが、
安全を考えると仕方のない事かもしれない。

とりあえず、岸とブイを3往復した後、水面に寝転がってゆっくりした。
息子はと言うと、とにかく海に潜って海の底のものを探したり、
ちょっと泳いだりしたようだ。
時間が短いからあまりのんびり過ごす事はできなかったけれど、
短い時間なりに楽しんだようで良かったと思う。

おそらく、今日が息子と海水浴した最後の日だろう。

高3で、今度の冬には車の免許も取るだろうから、
そうしたら後は、友達やら彼女(まだいないと思う)やら
と行く事になるだろうから。
ちょっと寂しい感じもするが、子供の成長を見守るしかない。

偲ぶ会にあたり

見えないものに対して、自分なりに攻略してきた
同級生のMだと思うが、死んでしまえばその後の攻略もない。
憎まれ口も多かったがそれ以上の行動力があり、
同級生や年の近い先輩後輩も一目おいていた。

今度の日曜日は彼の追悼で偲ぶ会だが、
大の酒好きだった彼に対して、大いに飲んで騒いであげようと思う。
歌の順番が回ってきたら、かなり好きだったと思う、
吉川晃司や、一人で歌う男声女声使い分けデュエットの歌でも歌ってあげよう。
どれも自分のレパートリーではないが。

このあたりの強いもの、美しいものへの執着というのは、
文武両道を掲げて生きていた彼そのものだと感じる。

進路について

今日は会社から早めに帰宅し、息子と進路について少し詰めた。
将来どのようなビジョンを持って
一社会人としてどうあるべきかについてさわりだけ話した。
おそらく、その事を小論文として提出する形になるだろうから、
今から意識を植え付けておけば、試験当日に慌てなく済むはず。
自分と違い、楽観傾向にあるので、それが吉と出れば良いのだが。

隣町の祭り


隣町で来月行われる祭りに、
八重樫東(あきら)が殿様役で大名行列に参加するとの事。
話のたねに、行ってみるのもいいかもしれない。

H24年 第6回 浮牛城まつり
http://www.kuchinai.org/fugyujomatsuri/06/index.html

生命はいつ絶たれるかわからない

今日、幼馴染の、ありんこ手帳のミッツが死去した。
殺しても死なないような奴だったのに。

飲んで、電車で寝込んで起きたら終点。
何を思ったのか、駅を出て歩いて足を滑らせたんだろうか。
7m落下して藪(河原?)に落ちて死ぬものだろうか?
暗くて踏ん張り所が見えなかったから、
打ったところが悪かったのかも。

捜索が遅かったのか、それとも医療ミス(措置ミス)だったのか、
今となってはどうでもいい事になった。

肋骨4本折って、口の中も切っていたけれど、
顔は酔って少し腫れた感じで普通の寝顔に見えた。

この前の運動会で1言、2言話したのが最後の会話になってしまった。
生命はいつ絶たれるかわからない。残念でならない。

健康診断

明日は会社の健診があるけど、
ここ2年位は、いわて銀河の次の日だったせいか?!
どういう訳か精密検査が必要と判定されていた。
今年は銀河から9日後だから、
精密検査に引っかからないで欲しい。

部分日食 2012.05.21



23:50スタート。今日も深夜ランになってしまった。(^_^;)

今朝は金環日食で7:20頃から食が始まり
7:30頃に太陽のリングができたとの事。
東北・岩手では部分日食でしたが、
日食の影響で若干薄暗くなりました。

ここ数日間はドリカムの「時間旅行」が沢山ラジオから流れ、
(アルバム WONDER3(1990年11月リリース) に収録さている曲)
その頃に金環日食の歌詞を書くなんて、いろんな美的アンテナを
張り巡らしていた吉田さんのなせる業だったと思います。

写真は7:30分に撮った、太陽の写真。
どう見ても日食は見えませんが、若干薄暗くなった感じはあります。

療養で温泉へ




今日は療養の意味で夏油温泉へ。

熱い温泉に浸かって体調調整をしようと思い、息子と一緒に夏油温泉にGO!

問題は、時間帯により露天風呂が男性/女性に切り替わるので
入れるかな?と少し心配しながら出発したのですが、セーフでした。

一番奥にある露天が水温50℃の露天風呂なので、最初は足先から、
徐々に慣れたら肩まで浸かるのがいいと思っていたら、
息子は何も考えずに一気入ったから、さあ大変!
まぁ、次からはちゃんと湯加減を確認してから入るようになるでしょう。。。

写真は、夏油温泉手間の橋から撮った、入畑ダム湖。
いつ見ても蒼さ加減がすばらしい。

床屋事情

明日からの連休をどう過ごすか決めていなかったので、
とりあえず、ランニング、床屋、だけを行く事にした。
(連休は百姓仕事が入るから、予定を立てられない現実)

床屋は数年前までは、近所の床屋をずっと使って来たけれど、
一度、試に使った安い床屋に行って以来、
転々と安い床屋を変えて行くようになった。
困った点は、いちいち刈り具合を説明しなければならない事で、
常連店だと、「いつもの」の一言で事済んでいたが、
それが通用しないから面倒で仕方がない。

最近、説明するのが億劫になったので、職場の人達に
どのように説明しているか聞いてみたところ、
床屋に飾ってあるヘアースタイルの写真を指で指したり、
雑誌を持って行って、その髪型にしてもらうとの事。

いつも行く所は写真は貼っていないし、
雑誌を持って行くのも、なんか、面倒でしかたがない。

ファッション雑誌なんて、立ち読みもした事がないので、
ここに来て、あぁ、少しは髪型位は昔から押さえておけば
良かったなと後悔した。

もしかしたら、ネットで調べればいいかと思い、
20代前半の職場の同僚に教えてもらった、ツーブロックで
検索してみると、結構な数のサンプル画像が出てきた。
けれど、自分の今の髪の量からは、ちょっと実現できそうにないので、
検索しながら見つけた、ソフトモヒカンが、スポーツ刈りに
少し色気を付けた感じになりそうなので、今のところそれが良い感じがする。

しかし、嫁にも言われたが、ツーブロックもソフトモヒカンも
それがあなたに似合うの!? という、
第三者的意見はグッサリと胸に突き刺さるのだが、
こればっかりはやってみないとわからない。
5分刈りにすると極端にキャラが変わり、悪人に見えるらしいので
あまり威圧を与えない感じにしたい。

まぁ、仙台国際ハーフを走る時に、短髪でそれなりの格好が保てればいい。

プチ飲み会

昨日は飲み会でかなりカロリー摂取したから
今日は少し消費しないといけないな。(^_^;)

とりあえず熱は下がったが

ようやく熱が下がり、4日振りに出社。

休んでいる最中、瞬間的に39.5℃まで体温上昇し、
これはインフルエンザかと思われたが、
検査してみると陰性で、普通の風邪だった。

昨年の12月と同じ様な症状で、
疲れのピークを迎えて、そのままダウンして
38℃付近の熱に7日間うなされるというパターンが
この3ヶ月のうちに2回も出てしまった事に対して、
年々弱ってきてる?!と思ってしまう。

一応、ランニングをして体調管理は行なっているつもりでも、
このスポーツ以外の疲れは、なかなか取ることができない。
ランニングを休む間隔が長くなって、今回は風邪に至ったので
験担ぎの意味も込めて、短い距離でも走るようにすれば
いいのかもしれない。

とりあえず、熱だけは下がったが、咳、頭痛は残っているので
まだ本調子ではないが、徐々に慣らしていくしかない。

脚力、ほほ無効化

思わぬ体調不良(風邪)で何もできない状態。
仕事の作業はストップ。(誰かに割り振られただろうけど)
脚力の蓄えも、ほぼ無効化。

忙しくても、走れていれば、相乗効果でいい結果になるけれど、
走れない状況になるとストレス発散の場所が減る為か、
極度に体調不良に陥りやすい。

精神力をもっと強めないと、この先早死してしまうだろうから
適当力ももっと強めて弱い精神力を補わないといけない。
それしかない。

病床より。

命のバトン

今日は彼岸の中日で、故人を偲んで拝みに来る人を待つ1日だった。

来客中に親戚のおばさんの話になり、
あまり長くないのは重々承知なのだが、
いざ、その日を迎えるまでの準備は全くしていない。
さしあたり、遺言状作成の準備をする必要がある。

人間、社会に出て何年かしたら婚姻してもらいたいと思うのだが、
いろいろな都合で生涯独身を貫いたというのは並大抵な事ではないが
人生を全うした後の収まりどころは実家となるため、
仏様の供養管理が50年は必要となっていく。

元気な70代まではあまり深く考えないものなのかもしれないが、
流石に80代を迎えるとそうもいかなくなる。

かつては家族だったものの、数十年経過してしまえば
共に暮らした家族は他界し、残っているのは家族の孫、やしゃご、
と、血縁関係も薄れてしまっているが、他人扱いするわけにはいかない。

命のバトンは、時に親から子供以外のケースで受け取る必要もある。

ミニ手帳+ミニシャープペン


【写真:ミニ手帳+ミニシャープペン シャープペン全長:10cm】

もう、10年以上使っていると思う、
ミニ手帳とミニシャープペンシルの組み合わせ。
常に携帯している。仕事中も休みの日も。

何で常に携帯するのかと言えば、
メモする事が発生するのは、いつ起きるか分からないから。

パッと思いついた事を書いたり、
本を読んでいて気になった事を後で調べる為に書いたり、
工作する為、だいたいの構図を書いてみたり、
用途は結構広い。

そろそろ書くページが無くなってきたので
文房具店へ出かけたが、いつも行く店に無かった。
需要が無いのか?分からないけれど、
こっちとしては必需品なので、仕方がないので通販で買うことにした。

たかだか500円程のメモ帳(メモ帳にミニ鉛筆が付いているもの)だけど、
仕事用ズボンのポケット、私服の半ズボンやジーンズのポケット、に
スッポリ入って、出し入れもし易い、ほぼ身体の一部になっている。

ミニシャープペンは、
下記のミニ手帳と組み合わせるものを、
今使っているもの以外に見つけられないので、
今の所、下記の手帳とシャープペンの組み合わせがベストになっている。

iPhoneの手書きメモのアプリも使用しているけど、
即時性では手書きのメモにかなうモノはないと思うので、
アプリは最近、全く使わない。
結局、あとから手書きしたメモをPCに記憶しておく事はたまにあるけど、
ほぼミニ手帳で完結する。

-----
ミニ手帳
DAIGO(Jet-aceシリーズ:A1156)

PILOT(FDシリーズ)

ミニシャープペン
ゼブラ P-TS-3

わからん

自分がいる職場は、7~8割を20、30歳台女性が占めるているのだが、
その中で数名でグループを作って仕事をしている。
グループ内は情報交換(コミュニケーション)が盛んだが、
他のグループとはそうでもないようだ。(自分が見た感じ)
作業的にはソフトウェアのテストや検査を行うのだが、
流れ作業のように上流から来たものを検査して下流に流す様にはいかず、
仕様の確認をしながら何度か同じテストを行うケースが発生する。
正直な所、みんなの根底には多かれ少なかれ、
ソフトウェアのミスを何度も発見する作業なんて、作る側への尻拭いと思う訳で、
尻拭いなんていつまでもやってれないという気持ちがあるはずなのだ。
(特に長年務めている人はそう思っている率が高いはずなのだ。)
そういう感情を上の方でどう宥めて接するかがかなり大事だと思うが、
おそらく、そんな事は意識はしていないのだろう。
まして、みんな若いから結婚して辞めてしまう人も多いし、
産休で休みっぱなしになってしまう人も多い。
これだけ若い女性が多い状態で、いつ結婚していなくなってしまう、
産休で休んでしまう、というリスクを上が考えられないとは思わないのだが、
はたから見ても考えているような動きは無い。

先日、社員満足度のアンケートが職場毎に実施されたが、
社員満足度の割合が、社内で一番悪いのだという。
会社の制度は女性には産休休暇を含めても好条件のように思えるのだが、
コミュニケーションを積極的に行えないというのが一番のネックのようだ。
ごく一般的な若い女性にありがちな答えと思うのだけど、
どうも、この点に上は過剰反応してしまったようで、
職場のミーティングで、満足度を上げる事を目標とする事を実施すると上から言われた。

数字が問題なのか、それとも満足する気持ちが問題なのか、わからん。

カレンダー

06   2018.07   08
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31

ブログ内検索

最新コメント

最新トラックバック

アーカイブ

フリーエリア







プロフィール

HN:
Tenohira
性別:
非公開

QRコード

アクセス解析

Copyright ©  -- Tenohiraの電気式日記 --  All Rights Reserved

Design by CriCri / Photo by Didi01 / Powered by [PR]

 / 忍者ブログ