忍者ブログ

Tenohiraの電気式日記

*** 気が付いた事、出来事、調べた事を綴っています ***

[PR]

×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

食肉加工業界 個人的見解

食肉加工業界・個人的見解

実はたった一度だけ、自分よりも目上の人を叱った事がある。
それも20歳以上も目上の人を。
後から思えば馬鹿に馬鹿と言ってしまった事と等しい事だったったので、
なんて自分は馬鹿なんだと後悔したのでありました。

これは後悔してしまった、ある時期のお話であります。

-----

ある日、いつものように屠畜(とちく)が終わり、
安全ベルトを装着してクリーン作業場のバキューム装置の周辺を
清掃&メンテのためエレベータのシャフトにグリスを塗布して
まんべんなく上から下までグリスをならすためにエレベータを
上下に動かす操作をしていた時、突然クリーン作業場の電気が消えた。
この時自分はエレベータの最上にいた時だったので少し焦った。

そう言えば4時頃に安全管理者のH氏に早く終えるように言われていたが、
どう考えてもいつも4時半頃まではかかっていたので、
4時に終わらせるなんて無理だと思って、別の人もまだメンテ作業していたので
別段気にしないで作業をしていた。
(4時半頃まで作業がかかるのは、H氏も承知済みだったはずなのだが。)

けど、4時半ちょっと前にH氏は自分の作業が終わったらしく、
自分がまだエレベータで作業していたのにもかかわらず、
クリーン作業場の電気を消して、さっさと帰ってしまったのだ。

電気は水銀灯なので、スイッチを入れても直にはつかないだろうと判断し、
グリースを伸ばす作業も若干残っていたので
真っ暗の中、何往復か上下作業を行ってから非常口の緑のランプを目印に
作業場を後にした。

はっきり言って、頭にきた。
一言、そろそろ電気を消すよ! とか、消灯を頼むよ!
とか言えないのかと。安全管理者だろうが。

その日一晩考えた。
安全管理者として、それは危険な行為ではないのかと言うか言わないか。

次の日の朝、H氏に対して一応普通に挨拶をした。
けど何事もなかったかのような態度をとられたので
言わないつもりだった一言、二言、三言が出てしまった。
部長に止められてその場は終了した。

その後は言わずと知れず、気まずい思いで数日間はろくにH氏と視線も合わさず、
作業場もクリーンのバキューム装置からダーティのシャックリング場に戻してもらい、
もやもやは募るものの我慢して数日が過ぎた。

再度クリーンのバキュームに移る事になった。
そう、H氏は自分から数メートル離れた左下で作業しているのだ。
横目で伺う感じは普通に見えた。その日は何事も無く終わった。

それからまた何日か経って、快適に作業できる感じになったある日、騒動が起きた。
騒動を起こしたのは紛れもない、安全管理者H氏。
犠牲者は監査役のH氏。

紛らわしいので
安全管理者H氏 → AH氏
監査役H氏 → KH氏
と表現します。

KH氏は役職上はAH氏の上司にあたるのだが、
AH氏が叫んだ言葉は、「俺はお前の事が気に食わないのだ!」
と吼えたと思ったら、右の拳をKH氏の顔面にぶちこんでいた。

生まれて初めて見ました。
仕事中に大の大人が、しかも定年まであと数年の男が
拳を上司に上げる所を。

まさに事実はドラマなど遥かに凌ぐものですが、ここからが凄かった。

KH氏は顔から流血したので、これはまずいと思いながらも
持ち場を離れる訳にもいかず、というかあまりに凄いものを見てしまったので
身動きがとれなくなった。

確かに、KH氏はずっと管理系の仕事をなさってきて、
現場の仕事は不慣れかもしれないけれど、顔面パンチはないだろうと
クリーンの誰もが思ったはずだ。

けど、そこからKH氏の反撃が始まった。

KH氏は熱湯の出る蛇口をひねり、
ホースの先をAH氏に向けぶちかましたのである。
(けっこう長い時間だったと思う。)

負けじとAH氏も冷水の出る蛇口をひねりホースの先を
KH氏へ向けてぶちかましたのである。

自分はあっけにとられて呆然とした。
向かいで一緒に作業していた人がエレベータから降りて両氏を止めに入った。
それにもかかわらずしばらくお湯&水かけ合戦は続いた。
ダーティからは何だ何だ何事だと見に来るし、
かといってクリーンの現場管理者は止めに入るわけでもない。
しばらく罵声と取っ組み合いが続いたあと、部長の仲裁で何とか止まった。

その後、AH氏は社長より厳重注意の旨が言い渡されたが、
数日経ったら何事も無かったかのようになった。

年をとっても、自分の思っている事を自制できない人間はいるのだと、
あらためて思った瞬間でありました。

聞けば、
AH氏は各部署で問題を起こして、部署を転々としているとの事だったし、
KH氏も問題こそ起こさないけれど、何らかの理由で管理側の仕事場から
締め出しをされてしまったとの事だった。
更に聞けば、AH氏とKH氏は、もともと仲が悪かったようなのだ。

-----

この後、数か月後に自分はその会社を辞めてしまったけれど、
しばらく経って両氏の事を友人のM氏に聞いてみたところ、
その後またAH氏とKH氏のいざこざはあって、もめた事があると聞かされた。

人間の相性は確かにあるけれど、
これほど性格の合わない人間を同じ作業場に配置させて
作業するはかなり危険な事だと思うので幻滅したと同時に、
その中で作業している友人のM氏には
エールを送らざるにはいられないのでありました。
PR

この記事へのコメント

Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
管理人のみ閲覧できます
 

この記事へのトラックバック

トラックバックURL

カレンダー

05   2019.06   07
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30

ブログ内検索

最新コメント

最新トラックバック

アーカイブ

フリーエリア







プロフィール

HN:
Tenohira
性別:
非公開

QRコード

アクセス解析

Copyright ©  -- Tenohiraの電気式日記 --  All Rights Reserved

Design by CriCri / Photo by Didi01 / Powered by [PR]

 / 忍者ブログ